toggle
2016-06-28

喜びが内側から溢れ出す〜! 【未来食セミナーScene1】


DSC_0013 (1)
喜びが内側から溢れると、こんな笑顔になります♡
シェア会では、みんなで夢のシェアをしたよ!
ご家族も参加いただき、盛り上がりました♪

5月は、4名のみなさまにご参加いただきました。
セミナーの感想を、ご紹介します。

「漠然と思っていたことの、理由がわかった。」

Rさん(30代会社員)

befor

(参加のきっかけ)
食べることが好きだけど、自分で料理をする側になった時、自信がなくて、不安しかなくて、何をどうしたらいいか分からなかった。
体感会に参加して、体が喜ぶ食事、人生が変わりそうな予感がして、申込を決めました!

(食に対する不安や疑問)
体に良い物、添加物って、なんとなく良くないんだなーと思っているくらい。良い食事が体を作るとわかっているけど、何が体に良いのかよくわからないです。

(セミナーの後、どんな自分になっていたい?)
料理が好きになること、ワクワクする事になったら一番良いなと思います。自分の作った料理で、自分も相手も「おいしいね!」と言えて、毎日の食事が楽しいものになってほしい!

after

調味料の全とっかえ!!をすぐにやりたいです。

お肉、魚が悪いのはなんでだろう??と漠然と思っていましたが、理由がはっきり分かった事。でもすぐにそれらを禁止するのではなく、少しずつ(減らしていけば)いいんだ!というのも参考になりました。

今、セミナーが終わって、頭がパンクしそうな情報量で、フワフワしています。これから料理が苦手な私が、あんなに色々料理できるのか・・・と不安もありますが、あっこさんが言っていた「まずは6割」できれば大丈夫ということだったので、毎日の雑穀ごはんをまずは続けて、休みの日に漬物を作ったり、野菜を使った料理をしたいと思います。

そして、調理器具や調味料を準備して、少しずつ料理できる環境を整えて自分に自信を持ちたいです。

 

「自分にもっと素直になってOKと感じました。」

Nさん(40代・主婦)

befor

(参加のきっかけ)
アレルギーの子どもに作ってあげられたらと思い。あと、体感会の食事がおいしかったので。

(食に対する不安や疑問)
添加物に対しての不安、動物性のものがだんだん体に合わなくなってきている。

(セミナーの後、どんな自分になっていたい?)
アレルギーの子も、そうでない子も、大人も子どもお年寄りも、みんなが一緒に同じものを食べ、おいしいと感じてくれるレシピをみつけられたらうれしいです。

after

頑張らないでやれそう。できなくてもOK。そんな自分もOK。自分にもっと素直になってOKと感じました。

いろんな部分でパズルのピースがつながったり、ピースの輪郭がしっかりしたり。あらゆることはつながっているんだなーと感じました。

でも、何はともあれ、今の自分が本当に食べたいもの、イキイキワクワクキラキラするものを楽しく創造しながら作っていけたら最高です。

「今の私には必要なことだーー!!と腑に落ちた」

Aさん(30代・会社員)

befor

(参加のきっかけ)
以前から興味があったのですが、会場が遠く(秋田にお住まい)参加を悩んでいたのですが、会場が近くなったのと(山形へお引越し)と、お得なキャンペーンを知り参加を決めました。

(食に対する不安や疑問)
流れてくる情報を聞いていると、何も食べられないんじゃないかと感じています。何を信じれば良いの?!という状況です。

(セミナーの後、どんな自分になっていたい?)
自分の体が喜ぶ、本当の“食“のあり方について、理解できたらうれしい。「ま、いっか」で暴飲暴食してきたが・・・正しい情報を得てこれを無くしたい。

after

料理は、受講前にレシピ本を見ながら何とか作れていたので、とりあえずScene1だけでいいやと思っていたのですが、それは違うなと。これは受講しないと違う方向に行ってしまうと感じました。

雑穀はもともと好きで、2年位前からつぶつぶは知っていたのですが、セミナー受講料が高いとか、遠いとか、習うまでか?とか、色々理由をつけて受講せず。

しかし、半年前にある本との出会いから「つぶつぶ必要!!」と思うことに。その後山形に来て、やっとつぶつぶを学べました。

自分は「足」の仕事をしているのですが、「食」と「足」を学ぶことは、今の私には必要なことだーー!!と腑に落ちた感じです。おもしろい!!

「雑穀がこのように可能性がある食べ物だとはびっくり」

Hさん(50代自営業)

befor

(参加のきっかけ)
雑穀料理の作り方、特徴を知りたい。

(食に対する不安や疑問)
なし。

(セミナーの後、どんな自分になっていたい?)
セミナー終了後に、雑穀料理の知識、ノウハウを学んだ自分が明日からの家族の健康を料理を通して今まで以上につくっていけると自信が生まれる。
料理の可能性を更に研究していきたいという意欲も持てる。

after

気構えがなくなり、ゆるく楽しみながらやれそうな感じがする。

塩の大切さが、頭ではなく、感覚で分かった。塩が日々の食卓、食事に不足していると思った。

肉は普段からあまり食べてはいないが、卵とヨーグルトは良質なものを選んで食べているので(特に子どもが好き)、これに変わるものを甘酒やキビで代用していきたいと思いました。

スイーツは和菓子を中心に選んではいますが、雑穀スイーツをマスターして、自分も家族も満足しながら、我慢しないで楽しんでいきたいと思います。

雑穀がこのように可能性がある食べ物だとはびっくりです。

 

全国のセミナー参加者の感想はこちらから

 

みなさんに、たくさんの笑顔と気付きをお持ち帰りいただけたこと。
心からうれしく思います。

これからのみなさまの日々の生活、食卓にますます笑顔が溢れますように♡

 

食への不安が消え、自分の軸ができる。
それが「未来食セミナーScene1」です。
(おいしく、たのしく♪制限→創造へ!)

わたくし、あっこが講師を務めるのは、

7月23日(土)@仙台
8月20日(土)@新潟
8月28日(日)@仙台

です!

あなたは何を持ち帰りますか?

▼お申込みはこちらから▼
https://www.tsubutsubu.jp/seminar-booking/


関連記事