toggle
2016-07-21

私、日傘、捨てました♪(シミやシワの原因を根本から絶ちたい方へ)


DSC_3457

今年の海の日は、母校「新潟明訓高校」の野球の応援に行ってきました!
最愛の夫と、父と3人で♪梅雨明け前だけど、すっかり夏の日差し!

日焼け止めは、ぬらない派です!

私のメイク状況は・・・
日焼け止めなし。化粧下地なし。
ファンデは、小鼻の周りと、唇の際と、まぶたの下にあずき1粒くらいの量のみ。
あとは、ポイントメイク。

っていう感じです♪

日焼けとか、全然気にしません♪
日焼けで「シミ」や「シワ」の心配をしていた日々もありました。
でも原因がわかったので、もう私には日焼け止めが必要ないことも分かりました!

応援しているときは、さすがに気温も高く、その後日に焼けたばかりだったので、火照った!!

夫と相談して、家に帰ってからやってみたこと。
1,「ぬるめのお風呂につかること」(これ、身体の熱が放出されている感じで◎♪)

2,「水分をとること」

3,「甘酒を毎日欠かさず飲むこと」(これは1年半ほど続けてるいつものこと)

まぁ、普通のことですね(笑)

夏らしくていいじゃん♪

私は日焼けすると、その日は赤くなって、次の日にはもうすっかり黒くなるタイプ。
次の日、鏡を見て、「顔クロっ!!」って、いちおうびっくりしました(笑)

仕事から帰って来た夫に、玄関先で、
私:「みてみて、超顔黒くなったんだけど〜!!」

夫:「ほんとだ〜!夏らしくていいじゃん♪」

・・・お、おう!!そうだよね、夏らしいよね!!
夏日焼けするって、普通のことだよね。だって夏だしね。

そのあと、2人で、「夏だね〜!いいね〜!」なんてはしゃいでました(笑)

30歳すぎた今でも、遊んで日焼けして、はしゃいで。幸せですね♡

小さいころなんて、全身まっくろにして遊んでいたし、
(バレエやっていたので、先生には日焼けするなとおこられてたな^^;)

中学生のころはテニス部で、黒光りするほどの黒さ。
足はポッキーだったし。

大学時代だって、炎天下の中で、汗でメイク落ちきる中何時間も踊っていたし。

30歳過ぎてもほぼ素肌で過ごしてる。特別な化粧品にお金をつかうこともなく。

でも、肌キレイだねって、ほめてもらえる。

やっぱり食事って大事だなぁと。
細胞は生まれ変わるから、中からキレイにならなくちゃね♪

去年書いたブログを、こちらに再掲載します♪
「シミ」・「シワ」の原因を、根本から絶ちたい方は、ぜひ呼んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓

私、日傘、捨てました♪(シミやシワの原因を根本から絶ちたい方へ)

大学生の時は、炎天下で踊り続ける部活だったので、日焼け止めは必需品、塗りまくってました。

でも、あんまり好きじゃなかったんです。皮膚が呼吸できていないような気がして。

普通のボデイーソープで、落ちないんですよ!!
専用のクレンジングがあって、それで何回か洗って、やっと落ちる感じ。
へんなのーって思ってました。

でも、「日焼け止めはいやでも塗るもの」と思っていたので、「こういうもの」とあきらめていました。

社会人になって、日焼け止めはやっぱり気持ち悪いな・・・と思って、塗るのをやめました。

でも、やっぱり、なにか必要だよね、って思って。日傘を購入。

最初は、ルンルンでさしてたんだけど、だいぶ早い段階で、めんどくさくなってきてしまった・・・

そうだ。私、傘を持ち歩くのすらめんどくさい人なんだった。。
日傘を持ち歩くということは、私にとってハードルが高かったようです(汗)

「太陽の紫外線で、シミができる」と言われていれいるけれど、自分のなかで、そのこともピントこないでいたんです。

私たち、太陽がなくちゃ生きていけないのに。
なんで「敵」みたいに言うんだろう?・・・って。

その答え、すべて、つぶつぶグランマゆみこが教えてくれました!
あ~すっきり。やっぱり、私の感覚、あってた!

このことを知って、私は、つぶつぶを食べているので、日焼け止めは必要ないし、シミやシワの心配もありません♪

なので、日傘も捨てました!

対処療法に一生懸命になっても、効果はでない上に、出費ばかりかさみます。

根本から見直し、その原因を絶たないと、同じこと繰り返すだけ。
根本の原因を絶つことが一番の近道だと、私は思います。
(本当に変わりたいのであれば!ですが・・・)

今は、メイク落とししか使っていなくても、(化粧水・乳液・美容液も一切つかってません)肌がキレイだね!って褒められます♡

ここからは必読~!!↓↓(つぶつぶメルマガより抜粋)
───────────────────────────────────

「シミ、シワは紫外線のせい!は嘘」

美肌を保つためには
日焼け止めクリームを塗り続ける必要がある。

今では、すべてと言っていいほどの化粧品メーカーが
まことしやかに、それも、科学的な図まで使って
喧伝するこの情報、あなたも信じていますか。

 

こんにちは、ゆみこです。
私は自由が好きなB型人間なので
帽子も、日焼け止めクリームを塗るのもうっとうしくて嫌いなのです。

32年間、化学添加物のない食事をし薬を飲んだことがないので
日焼け止めクリームを塗ると肌がいやがるのです。

この成分の方がよっぽど皮膚に悪いと私の直感が感じていました。
だから、海でも、山でも、畑仕事でもほとんど帽子をかぶらないし
日焼け止めクリームを塗ったこともありません。

 

でも62歳になる今顔だけでなく手足も全部
シミはほとんどありません。シワも少ないです。
「すべすべのきれいな肌ですね」と良く言われます。

じつは、シミを作るのは、体の中の動物性の脂肪と砂糖なのです。

この2つを多く含む細胞がお日様の光で変色したものが、シミです。

 

また、小じわの原因は砂糖や果物に含まれる
果糖が皮膚の張りを保つ役割のコラーゲン繊維を劣化させるからです。

現代食をしながら、ケーキや果物三昧の生活で日焼け止めクリームを塗る。
多くの女性がこのことを知らずに、三重の負担を肌や体にかけて
自分で肌をいじめているという、悲しい現実があります。

健康と美を求めてがんばってるのに、
実際は、反対方向に向かっていることになります。

それは、日焼け止めクリームを塗りながら
その効果を得ていないあなたのまわりの女性たちを見れば明らかですね。

未来食つぶつぶのスイーツは
動物性の脂肪も砂糖を使わないので、シミ、シワの心配をする必要はありません。

─────────────────────────────────── 

原因がわかると、スッキリですね。
そして、「じゃあどうしたらいいの?」っていうところまで、教えてくれるのが、つぶつぶです。

だから、誰にでも不安なく、実践できます(やりかたもカンタン♪)
そして、実践することで、確実に変われます。

こちらは第2回の一部を抜粋しています。ぜひ、第1回からんでみてね!
第1回「体を温めるアイスクリーム、知ってる?」
第2回「シミ、シワは紫外線のせい!は嘘」
第3回「シミを作らない天然の甘味料」
第4回「お肌のお手入れはお金と時間の無駄遣い?」

▼根本から解決したい方はぜひ、「つぶつぶ」体験しに来てくださいね▼

夏はカレー!「つぶつぶベジカレー祭り3days」いよいよ来週。

2016.8月のスケジュール&お知らせ


タグ:
関連記事