toggle
2016-10-20

海藻がたべたーーーい!!と、私の体がいっているので。


img_0886

 

食べました♪

冷蔵庫にあったキャベツを蒸し器で3分蒸して、
乾物のわかめをさっと湯がいてもどし、きって、
糸寒天を10分水につけてもどし、きって、

冷蔵庫に常備している「ヒジキマリネ」をかけて、あえただけ。

 

あっというまに、完成!
シンプルで、うまい♡

よく、「体の声を聞いて・・・」というけど。

聞いてます?
聞こえてますか?

 

私は、つぶつぶを始める前は、
体にも心にも鈍感だったな〜って。

 

でも、初めてつぶつぶを食べた時、
「あ、体が喜んでる」ってわかりました。

そして、なんだか「心も喜んでる!」って。

 

それまでの料理は、「味覚が喜んでる」って感じかな。
それまでの自然食料理は、「体にいい風、心にいい風」って感じ(笑)

 

ほんとうに体と心が満たされてるって感覚は、
あんまり味わったことがなかったんです。

 

でも、つぶつぶ食べて、
それに気づけた私、ラッキー♡

 

なかなかよくやった!って思います♪
けっこう大声で、体と心が叫んでたのかもしれないですね(笑)

 

今日のごはんなにつくろう?って、思うけど・・・

つぶつぶに出会うまでは、
「今日のごはん何つくろう(どうしよう・・・)」と考えると、
途方にくれてたけど、

 

つぶつぶに出会ってからは、
「今日のごはん何つくろう」と考えているときは同時に、
何食べよう?!何食べたいかな〜?って考える。

 

食べたいものを想像して楽しくなるときもあるし、
あ、冷蔵庫にあるあれでいっかって思うときもあるけど(笑)
途方にくれたりしなくなりました。

基本、作るのも、食べるのも楽しい♡

 

雑穀や乾物、ちょっとの野菜。
家にあるもので料理ができるって、
本当に豊かだし、何より楽ちんです。

 

体の声が聞こえてくるって、ホントだよ!!

そして、何食べよう?って考えてると、
体の声が聞こえてくるようになりました。

 

「もちきび!」とか、
「あぶら!」とか、
「しょうゆーー!」とか、
「がっつり味噌汁ー!」とかね(笑)

 

だから、その声を聞いて、
食べたいメニューをチョイス♪

 

今日の夕飯は、
「海藻ーーー!!」ってことだったので、
海藻いっぱいのサラダを作りました♪

 

あ、冷蔵庫にキャベツあるじゃん!
ってことで、蒸したキャベツもin。

 

モリモリの量、二人で完食しました。

海藻は、体の中のいらないものを吸着して排泄してくれる働きがあります。
すごいよね!

 

今週前半、私は外食が多くて・・・
そんな日が少し続くと、海藻がむしょーに食べたくなります。

(実は昼間も戻したわかめとしょう油を入れただけのスープでした。これがまたうまい。)

 

メインは、夫の大好物、アマランサスパスタ♡
お義父さんが育ててくれた、おいしいアマランサス!
今週は飲みが多いから、
お家では夫の好きなものを♪と思って。喜んでたよ♡

img_0890

(たらこよりうまい!と評判の、アマランサスの和風パスタ)

 

あとは、味噌汁と、
実家からもらってきた「栃尾のあぶらあげ」を焼いて、
しょうゆとネギたっぷりで♪

おいしかった〜♡

体の声がよく聞けるようになったのは。

人間のほんとうの食べ物を知ったから。
食べること意味、そして料理の意味を知ったから。
「未来食セミナーScene1」で。

 

外のいろんな情報よりも、
自分の体を信頼できるようになった。

 

外のいろんな情報を聞いても、
迷うことがなくなった。

 

だって、ほんとうのことを知ったから♪

それが正しいか、正しくないかとか、
そういう基準、
そういう思考はもうなくて、

 

自分が心地いいか、
「おいしい」って感じるかどうか。

 

つぶつぶを食べていると、
私の体も心も喜ぶ。

心地いい。くつろいでる。
その間、思考はおやすみしてる♪

ほんとうのことを知ることも大事。
でもそれは、知識じゃなくて、
もうしっていることを、思い出していくプロセス。

それが、未来食セミナーScene1。

 

10月は、残り1席!
10/30(日) 10:00〜19:30

 

<仙台会場>
10月29日(土) 満席
10月30日(土) 残席1名様
11月26日 (土) 残席3名様
12月22日(木)・12月23日(金祝)申込スタート!

 

<新潟会場>
11月19日 (土) 満席→増席3名→残席1名様

 

お申込みはこちらから

https://www.tsubutsubu.jp/seminar-booking/

 

参加者の感想はこちらから

http://milaistudio81.com/category/tubu-tubu/voice

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事