toggle
2016-03-13

とにかく楽しかったし、全ておいしかった!五感全部で楽しめた!〜未来食セミナーフォローアップクラス開催しました〜


踊るつぶつぶマザー、あっこです♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3月以降の『つぶつぶ料理教室@仙台&新潟』のスケジュールはこちら

3月20日(日)『つぶつぶ料理体感会@新潟』のお申込みはこちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3月11日&12日の2日間「未来食セミナーScene1参加者限定フォローアップクラス」を開催しました!

12795459_1690311694580739_3798923181543334317_n

 

結局は、怖かったのです。決心してなかったのです。私が!

つぶつぶマザーになり、未来食セミナーを開催できるようになったときから、ずーっとこのScene1フォローアップクラスを開催することが1つの夢、目標でした。

でも、
「仙台に引っ越してきたばっかりだから」とか、
「未来食セミナーScene1に参加してくださった方もそんなに多くないし」と思い気持ちにブレーキを踏んだり、

「どんなクラスにしたらみんなにより効果的に受講してもらえるか」とか、
「楽しんでもらえるか」とか、考えだしたらキリがなくて、悩みに悩んで決まらなくて。

でも、結局は・・・怖かったんです。
「来てくれる人はいるのだろうか・・・」と。

やりたいやりたいと言っているくせに、ぜんぜん決心ついてなかったんですね、私自身が(;´Д`)
結果、「自分が中心」じゃなくなっていて、周りに答えを求めるから不安になって、
自分から湧き出す「やりたい」という気持ちを大切にしていなくて、
だから「今」に気持ちがなくて。おんなじところをグルグル回っていました。
自分が伝えていることと、真逆の事を自分がしちゃってました。(*ノω・*)テヘ

でも、自分が行動を起こさなくちゃ、なにも起こらないという、ごくあたりまえのことを、やっと自覚して。

そうしたら、「そんなのやだー!!」と心の叫びが聞こえてきて・・・、つぶつぶマザーの学びや、仲間からの後押しもたくさんもらって、今回、一步踏み出すことができました。
感謝の気持ちでいっぱいです!!

そして、このレッスンが開催できたのは、参加してくださった方あってこそ。本当に感謝しています!

 

『濃いですねぇ!』

と、参加者の方にいっていただいたのですが、もう、内容は本当に濃くって!

つぶつぶマザー研修で学びたてのルーティーンワークからスタートし、Scene1テキストの読み合わせ、料理のデモ&実習、試食、そして最後のシェアタイムワーク。

3時間半、余裕もってできるな♪なんて思っていたのに、あっというますぎてびっくり!!私の段取りがどう進化していくかも楽しみなところです(笑)

未来食セミナーScene1を受講して、こうして来てくださっているみなさんなので、『イキイキ、ワクワク、キラキラ』がもう合言葉になっていて、一緒にいるだけで心地良いのです。

そして、最初っからみなさんキラキラされているのですが、レッスンの最後には、さらに軽やかに、柔らかく、キラキラの表情になって、とっても幸せなひとときでした♡

 

「おいしいから」が1番の理由!なんだけどね♪

今回は『もちキビポテト』という、つぶつぶの定番料理をマスターし、それを展開していくクラスでした。私がつぶつぶをはじめてから、1番たくさん作っている料理でもあります。

じゃがいもと、たまねぎと、もちキビと、塩だけ。だれでもおいしく作れます。

が!

本だけではわからない、切り方のコツがあるのです♪
なぜそう切るのか?理由があるのです。
一つ一つの料理の動作にも、意味があるのです。

「なんとなく」じゃなくて、
「料理の完成形、口にいれたところをイメージして作る」のです!

”知る”ことで、”イメージする”ことで、
例えば「野菜を切る」という1つの「作業」だったものが、全然違うものになるんですね。

楽しいんです!
そして、おいしくできあがるんです♡

料理教室では、見て、聴いて、嗅いで、触って、味わって、五感で体感できる。
だから、実習パートの習得も激速で!!(これには今回とてもびっくりしました)

自分が楽しくおいしく作るイメージごとお持ち帰りいただけます。これがまさに、「場の力」ですね!

 

サモサが大人気!!キャロットソースとめっちゃ合う!!

『もちキビポテト』をサモサに展開したのですが、これが大人気!!

『もちキビポテト』が簡単にカレー味に変身。
簡単にサモサの生地が作れて、サックサクに仕上がり、お弁当や行楽にももってこいのメインディッシュになるのです♡

実は私、つぶつぶに出会う前、料理も作れなかったくせに、食に携わる仕事がしたいと、完全なる見切り発車で前の職場を退職しまして。

その時はヨガとアーユルヴェーダを勉強していたので、「スパイス」に興味があり、料理が好きで得意な夫と2人で「スパイス料理教室」に通っていたことがあるんです!

そこで実はインド仕込のサモサの作り方をマスターしていたので、その技も交えて、私(不器用の代表選手)でもラクラク包める包み方も合わせてお伝えさせていただきました!

パイ生地は5分もかからずできあがりますが、生地の水分量、のばす厚さ、包み方、リカバリーの仕方などなど…

やっぱり直接見て、触って、五感を使って体感することの大切さを実感しました。

ニンジンと、梅酢と、塩で作る「キャロットソース」がまた、おいしくて!サモサに超合う。さすがゆみこさん、この組み合わせはすごい!!と、みんなで感激♡

1914239_1690680784543830_8796358354057340180_n

(みんな包むのが上手!この形がかわいいのよねぇ♡)

12814201_1690311707914071_840759313552216077_n(サクッサクに揚がりました!キャロットソースの彩りもキレイ☆)

 

ご参加いただいた方からの感想

様々な項目でシェアをしています♪
12795355_1690311751247400_2384504315723000847_n

「五感で学べた」「やってみたい」「前向きな気持ちになれた」「ポイントがつかめた」

というワードが多く出てきました!うれしですね〜(≧▽≦)

以下、感想のシェアを掲載します。

野菜の切り方、大きさで食感がかわるので、それをふまえて作ると、とてもおいしくなるのだなと、改めて実感できました。サモサの生地が手作りでできて、とっても感激です。キャロットソースも美味しかったです。早速作ってみます!
(A.Sさん)

 

とにかく楽しかったし、全ておいしかったです。いつかは食べてみたいレシピを食べるときはワクワクしました。あっこちゃんや皆さんとのお話の中にも大切な事が散りばめられていて、五感全部で楽しめたレッスンでした。昨夜の徹夜疲れを感じることなく過ごせました。どうもありがとうございました。
(木村佳子さん)

 

同じつぶつぶの仲間ができるし、あっこちゃんの暖かさに包まれながら学べて嬉しかったです。続けてこれからの食生活を健康にイキイキワクワクドキドキ、キラキラ輝ける自分でいたいでーす!ありがとうございました。

 

Scene1を受けて、もちきびポテトのペペロンチーノを1回作ってはみたものの、切り方がイマイチ分かってなくて、なんとなくで作ったので、実際に切り方が見れてよかった。おいしさのポイントも知れて良かった。サモサの生地の感覚とか触って感じれてよかった。楽しかったです。
(ひろちゃん)

みなさんお家で楽しく作ってみてくださいねー♪

 

次回4月が、実は本命♡

次回は4月『つぶつぶ和食の基本をおさらい!』です。
DSC_2449

未来食セミナーScene1のランチメニューは、和食の基礎が詰まってます。つまり、つぶつぶ料理の基礎中の基礎!!

一見地味めですが(笑)これがおいしく作れるようになると、つぶつぶ料理、野菜料理も格段に美味しく作れるようになります。

残席は金曜、土曜ともに3席です。
明日には4月始まりの3ヶ月連続オトクなコースのお申込みも開始します!
お申込みは⇒コチラ

 

まだ未来食セミナーScene1受けてないし・・・という方も大丈夫!!

4月のフォローアップクラスの申込は、3月未来食セミナーを受講すれば間に合いますよ!

★「未来食セミナーScene1」
あたらしい私、あたらしい暮らしへの、最速パスポート!
未来食セミナーScene1では、1日で本物の食べ物を見分ける感性を磨き、「食といのちのほんとうの関係」を思い出し、細胞が喜ぶおいしい料理づくりの基本を学びます。

〜仙台会場〜
3/25(金)・・・残席4
3/26(土)・・・残席3

詳細・お申し込みはコチラから!!

 

○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。○o。

〜新潟会場@黒埼市民会館〜
4/23(土)@黒埼市民会館

詳細・お申し込みはコチラから

コレ、超おトク!おすすめです↓

★つぶつぶ料理教室
現在申込み受付中のレッスンはコチラ
(レッスンの詳細一覧はコチラのブログから)
お気に入り登録で最新情報をgetしてくださいね♡
〜簡単3ステップ♪〜
①下記バナーをクリック!
②ユーザー登録をする!
③「つぶつぶみらいスタジオ」を検索。お気に入りボタンをクリック!
※都道府県検索の場合は”宮城”で検索。(”新潟”では出てきませんので注意!)
↓    ↓    ↓


関連記事